本文へ移動

スキーに行ってきました!  (お客様担当 佐藤)

2019-02-04
こんにちは!ピンキーホームお客様担当の佐藤です!
 
今年初めてのブログになります。皆様、今年もよろしくお願いしますきらきら
 
 
さて、今年もこの難問と向き合わなくてはならないシーズンがやってきましたね…。
運動が苦手なお父さんを悩ませる不安そうな顔
 
「子供をスキーに連れて行かなくてはならない問題」です。
 
さらにもっと厄介な
 
「子供にスキーを教えなくてはいけない問題」もあります。
 
そんな問題を抱えながら、先日家族でスキーに行ってきました。
 
 
 
うちの息子は昨シーズンからスキー場に連れて行き、スキーを始めました。
そこで、かつて「白銀の流星色とりどりのきらきら」と呼ばれた私のスパルタ指導の下、メキメキと上達し
ボーゲンどころかパラレルターンをズビズバと決めていましたいいね(手のひらが手前)
 
 
 
…すみません。ウソです。ゲレンデの流星あたりから全部ウソです。
 
 
 
実は私は昔からスキーが苦手です。まったく滑れない事はありませんが、誰かに教えるなんてとてもできません。
 
しかし皆さん聞いて下さい。私にも父親の威厳というものがあります。
 
お父さんはさもスキーが得意なんだぜ!という顔をして、
「ハの字!ハの字にするんだ!ハの字にしておけば大丈夫だ!」
などという何とも適当なアドバイスをしていました。
そのせいか、昨年息子は大して上達しませんでした我慢している顔
 
 
今年こそは滑れるようにしてあげよう!と思い子供への教え方を色々勉強しましたが、
いかんせん私が滑れないものでチンプンカンプン汗でした。
どうしたものかと悩んでいたら、妻が一言
 
「私結構滑れるから教えるよ」と。
 
内心「なぜ去年のうちにそれを言わなかったのだあ!」と憤りを隠せませんでしたが、
「そ、そうか。ならば教えてみるがよい」と父親の威厳を保ちつつ(もうボロボロ)
今年は妻におまかせしました。
 
結果、みるみる上達する息子。地に落ちゆく父親の威厳。
いいんです。息子のスキーが上達してくれれば。それで(涙)
 
 
さて、妻と息子が頑張っている中、指導という重圧から解放された私が何をしていたかというと、
 
 
一人でスノーボードを満喫させていただきました点滅している星!とっっっっっても楽しかったです!
妻よ!息子よ!(このスタンスで)また行きましょう!わはははは!
ありがとうございました!
TOPへ戻る